甲宗八幡宮

2016年

あらゆる災厄から人々を強く守り、ご多幸をもたらしたいという願いから、丈夫な小倉織が起用され、凛とした美しい縞柄による御守と御朱印帳を製作。護符としての結びにもこだわった。

KOSO HACHIMANGU

KOSO HACHIMANGU

2016